(JA) (PDF) – 日本語機能表現辞書の編纂 | 松 吉 俊・佐 藤 理 史・宇 津 呂 武 仁


日本語 には,「にたい して」や 「なければならない」に代表 されるような,複 数 の形態 素か らなっているが,全 体 として1つ の機能語の ように働 く複合辞が多 く存在す る. われ われは,機 能語 と複合辞 を合 わせて機 能表現 と呼ぶ.本 論文で は,自 然言語処 理 のための 日本語機能表現辞書 について提案す る.日 本語 の機能表現が持つ主 な特 徴 の1つ は,個 々の機能表現 に対 して,多 くの異形が存在す るこ とであ る.計 算機 が利用す る ことを想定 した辞書 を編纂す る場合,こ れ らの異形 を適切 に扱 う必要が ある.われわれが提案す る辞書 は,機 能表現 の異形 を体系 的に整理す るため に,見 出 し体系 として,9つ の階層 か らなる階層構造 を用い る.現 在,こ の辞書 には,341 の見 出 し語 と16,771の 出現形が収録 されてお り,既 存 の機能表現 リス トと比較 した 結果,各 々の見 出 し語 に対 して,ほ ぼすべての異形が網 羅 されている ことが確 かめ られた.

キーワー ド:辞 書,複 合語表現,機 能語,複 合辞


PDF file, 24 pages

via: www.jstage.jst.go.jp

Advertisements

Leave a comment

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s